ニュース」カテゴリーアーカイブ

運動会の取組が始まりました!

9月23日(水)から、運動会特別日課が始まり、1日2時間、運動会の取組を行っています。

今年はコロナ禍ということもあり、これまでの運動会とは違います。極力接触を避ける種目に取り組みます。縦割りの種目や全校で行う種目は行いません。そんな中でも、児童は一生けん命練習に取り組んでいます。

1年生は初めての運動会です。種目はディスタンス☆玉入れとなかよし かけっこです。

種目をしっかり行うことはもちろんですが、それぞれの種目の隊形に自分たちでしっかり並ぶことも大切なことです。先生方は「透明人間を入れて並びましょう!」と呼びかけています。ディスタンスをとりながら、取り組んでいます。

4年生はぱわふる リレー、むかで ディスタンスの2種目に取り組みます。

むかでは3人一組、棒をつかって行います。写真を見てください。なんと、かわいらしいむかでなのでしょう。

先生方の指示にさっと動いて、上級生になりつつあることがうかがえます。

5年生は、走って GO,GO,5!と渡って GO,GO,5!の2種目です。

5年生ともなると、種目の説明も児童が見本を示しています。だんだん、自分たちで進められるようになってきている証です。

様子を見ていると、渡って GO,GO,5!は体力とともに知力も必要になる競技のようです。

小学校生活最後の運動会となる6年生。全然前力リレー、表現2020~KIZUNA~に取り組んでいます。本校では6年生のみ、表現に取り組みます。例年のものとは違いますが、今できる表現演技をご披露できると思います。さすが、6年生と思う練習の様子です。まず、先生方の説明を聞いているときには、誰一人として話をしません。聞く態度が身に付いていることと感染予防に対する高い意識が感じられます。そして、演技中も真剣そのもの。先生方の指導も熱が入っています。どんな状況下においても、一生けん命に取り組む姿は山城小の伝統にしてほしいと思います。

来週は2年生、3年生の取組の様子と係活動をupします。

乞うご期待!

先生たちの学習会~校内研究会~

9月14日(月)に山梨県総合教育センター 調査研究課 笠井さゆり指導主事をお招きして、「学習評価と主体的対話的で深い学びの実現に向けた授業改善」と題して学習会を実施しました。

児童が「わかった、できた、楽しい」感じることができる授業づくりのために、日々、授業研究をおこなっています。そして、時には専門の講師を招へいし、学習会を行うことで研究を深めています。

 

 

 

運動会のテーマ決定!!

9月10日に代表委員会が行われました。

一番の議題は運動会のテーマです。

「はなれていても、心は一つ みんなが主役の運動会」

コロナ禍における運動会ということを考えて、児童会本部が知恵をしぼって考えてくれたテーマです。議長さんが意見はありますか?と問うと、たくさんのクラスのカードがあがり、賛成の意見がたくさん出ました。

物理的な距離はありますが、983名の児童、教職員、保護者の気持ちをひとつにして、取り組んでいきましょう!

委員会活動

今年2回目の委員会活動を9月2日に行いました。
5,6年生が学校生活を円滑にするために、そして豊かにするために行っています。
毎日給食の時間に放送をしてくれる放送委員会。
保健委員会は昼休みに保健室で受付等をしてくれています。
学校のあちこちにある小さな図書館の整理は図書委員会。
児童玄関をにぎやかに彩ってくれている草花は栽培委員会。
山城小学校が活気あるのは、こうした委員会活動のおかげです。